スポンサードリンク

右脳左脳診断

人の大脳は、左右に分かれていて、右脳と左脳と呼ばれています。

左半球の左脳は、右半身の運動・感覚のほかに、言語や論理的思考、計算などを

右半球の右脳は、左半身の運動・感覚のほか、直感や創造性、空間認識、

音楽、イメージなどを行っています。


一般には、小学校はいるまでは、右脳の働きが優勢ですが、

教育で、言葉や計算、論理的思考を習うに従い、左脳が優勢となり、

大人になることには、右脳の直感や創造性は、あまり使われなくなります。



このような右脳左脳の特徴を、人の性格に応用したのが右脳左脳診断と言われるもので、

右脳左脳占いとも言われます。

血液型と同じで、人の性格を一つのものさしで分類するのは難しいことですが、

やってみると、なるほどとも思えてしまいます。


理論好きな人や理由を知りたがる人やは、左脳が、

長島さんのような感覚で話す人は、右脳が優勢と思われます。



手のひらを合わせて手を組んだ時、左右の親指のどちらが上か、

腕をを組んだ時、左右の腕のどちらが上か、

で診断します。





>>右脳左脳診断の情報は、こちらで、ご覧ください。


また、右脳左脳に関しては、右脳記憶術もご覧ください。
.
| 日記

右脳左脳診断(2)

両方とも右が上の人は、左脳が優勢で、理論的に分析し、話し、行動する頼れる兄貴タイプです。

両方とも左が上の人は、右脳が優勢で、ものを感覚的に捉え、擬態語で感覚的に説明する長島さんタイプです。

右の親指、左の腕が上の人は、論理的に分析はしますが、感覚的な表現で理解されにくいタイプ、

左の親指、右の腕が上の人は、ものを感覚的に捉え、論理的に話し行動するので出世するタイプ、

となります。


指は、感覚・情報の入力処理の仕方で右脳左脳のどちらが優勢か、

腕は、会話・表現の出力処理の仕方で右脳左脳のどちらが優勢か、

を、表していると考えられています。



自分がどちらか、気にはなるもので、一度試してみたらいかがでしょうか?



組み方は、その人が生まれてからのパターンなので、変えられるとも思いませんが、

芸術家、音楽家は、右脳を使いますので、

右脳の開発のため右脳をを使う練習をしている学生もいます。

美大生では、左手を使う訓練してる人もいるそうです。



ゲームソフトに、右脳を鍛えるゲーム右脳のトレーニングやなどがありますので、試してみるのも面白いと思います。




>>右脳ゲームの詳しい情報はこちらで、ご覧ください。



また、右脳左脳に関しては、右脳記憶術もご覧ください。
.
| 日記

右脳のトレーニング


左脳が優勢の人は、直感や創造性を鍛えるために、右脳を鍛えたらどうでしょうか?

右脳のトレーニング七田式右脳を鍛えるゲームなど、遊びながら右脳を訓練するゲームソフトがでています。インターネットにも、無料の右脳トレーニングソフトが多数ありますので、楽しめます。

子供用の達人ゲームキッズ向けゲームなどもあり、お母さんがお子さん用に買われています。




右脳左脳に関しては、右脳記憶術もご覧ください。


.
| 日記

右脳のトレーニング(2)

右脳のトレーニングで、一番効果があり、役に立つのは、

スポーツ選手なども行っているイメージトレーニングでしょう。

目の前の風景やへの様子を、2ー3秒間瞼に焼付けてから目を閉じ、

どこに、何があったか思い出します。

慣れないと、イメージがすぐに消えてしまい、

わからなくなりますが、

慣れると、イメージがそのまま残るようになります。

このトレーニングは、どこでもやれて、簡単で、しかも無料です。


イメージが自由に描けるようになると、

仕事や勉強にも役に立ちます。


記憶術暗記術などの記憶法 がありますが、

リンク法やペグ法などは、イメージを使って覚えます。

誇張した印象に残るイメージを、脳裏に描いて、

記憶していくもので、古代ギリシャのころからある方法です。

多少の準備が必要ですが、

年をとって記憶力が衰えたとか、暗記できなくなったとか思う人は、

試してみたらいかがでしょうか?

「使わない筋肉は、衰える。」と言いますが、

脳も同じです。

記憶力がアップして、

昨日のことを、はっきりと思い出せるようになります。




右脳左脳に関しては、右脳記憶術もご覧ください。


.
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。